家づくりにあたって住宅見学会の参加を考えている人へ!見学する際の常識や知識が満載

このサイトではマイホームの新築を検討している方たちが、住宅見学会に参加する上で必要となるマナーや知識について幅広くご紹介しています。
せっかくの見学会のチャンスを最大限に活用するために、当日チェックしておきたい設備のポイントや見学会の種類ごとの違い、特徴についても詳しく解説しているので、初めて見学会に参加するという人でも安心です。
見学会に参加する前に知っておくと役に立つ情報ばかりですので、是非参考にしてください。

家づくりにあたって住宅見学会の参加を考えている人へ!見学する際の常識や知識が満載

住宅見学会は、ハウスメーカーや工務店などで実際に家づくりをしたオーナー宅を見学することができるイベントです。
住宅見学会当日は、家具や家電などの生活用品が入っている実際の住まいを中を見ることができるほか、オーナーから住み心地や使い勝手についてリアルな感想や意見を聞くことができます。
モデルハウスや住宅展示場では見ることのできない生活の様子を知ることができる絶好の機会で、自分のライフスタイルに合わせた確認やチェックをして家づくりに役立てられるのが魅力です。

住宅見学会をすることのメリットとは?

実際の施主さんが済む前に許可を得て見学させてもらうのを住宅見学会といいますが、そのメリットは3つあります。
1つめは住宅全体のバランス感覚を得られることです。
マイホームセンターの住宅展示場に行くと、敷地を広くとって内装も豪勢な作りになっていますので、「ああ、こんな家を建てたい!」と夢が広がってしまいますが、実際問題住宅展示場のような家を建てるのは現実的な話ではありません。
その点、住宅見学会は施主さんが実際に建ててこれから暮らす家ですので、現実的な居住空間として参考にすることができます。
2つめは、建築会社の特徴を知れることです。
どの建築会社も同じ家を建てられるわけではなく、その住宅を建てた建築会社にしかできない特徴があります。
そこに惹かれたなら委託する建築会社を決めるための要素になるでしょう。
3つめは、各設備の詳細を確認できることです。
住宅見学会のパンフレットには例えばキッチン・トイレ・お風呂・玄関タイル・畳などの各設備が、どのメーカーのものを使っているのか記載されていることがあります。
何か気に入ったアイテムがあればそれを自分の住宅に取り入れてみるのも良いでしょう。
百聞は一見に如かずと言いますから、まずは自分の目でいろいろな住宅を見学してみることをお勧めします。

住宅見学会の予約はするほうが良いの?

これまでは予約なしで住宅見学会に行かれる方も多くいらっしゃいましたが、現在はコロナ禍で住宅見学会を開催している不動産会社も一日の人数を絞っているため、予約して行かれることをおすすめします。
住宅見学会も多様化しており、人と接しない形であればオンラインの見学会を扱っている会社もありますが、やはり実際に中に入って家の見学を行いたいという方には、事前に申し込んでおくことがよいでしょう。
見学会の内容によっては、単に見学できるだけではなく、お泊り体験でバーベキューが行えるイベントを開催されていることもあり、そのような見学会は人気が高く締め切りも早いものです。
そのため、気になった見学会があるのならば、すぐに申し込まれることをおすすめします。
住宅見学会に行くことで、それまで気付かなかったことや、想定していたこととは違った価格について知る事が出来る場合もあるため、これから家の購入を検討されている方は、参加されることをおすすめします。

住宅見学会に行くときに持って行くと便利な持ち物

家を建てたいと考えた場合、真っ先に思い浮かべるのが住宅見学会や展示場です。
インターネットからその住宅について情報を得ることができますが、実際の住宅を自分の目で見ないと具体的な部分は見えてきません。
そのため気になるメーカーが見つかり次第住宅見学会に参加をすることが大切になります。
住宅見学会で持っていくと良い持ち物は、スマートフォンはもちろんのこと、メモ帳やペン、メジャーや自宅家具のサイズメモ、トートバックがあげられます。
特にメジャーは必需品ともいえるものであり、キッチンの作業スペースやトイレのサイズなど気になった部分をすぐに測ることができます。
さらにその測ったものをメモする手帳も必要です。
スマートフォンアプリにもメモ帳はありますが、サッと書くことが多いため、見学会ではメモ帳とペンの方が楽です。
またより具体的にイメージを膨らませることができるよう、長く使う予定の家具や家電のサイズをあらかじめ測っておき、持参することも大切になります。

住宅見学会でスタッフに聞くべき質問

注文住宅をお考えの方でしたら、一度は住宅見学会に行こうかお考えになったことがあるのではないでしょうか。
ハウスメーカーは、その技術や設備をわかりやすく説明するために住宅展示にモデルハウスを備えています。
それを見るので十分だと思う方もいるかもしれません。
ですが、住宅展示場にあるモデルハウスは、お客さんに自社のサービスを見せるのが主な目的なので、実際に個人が建てる家とは広さや設備などで差があります。
住宅見学会では、現に個人で建てた家を見ることができるわけですから、これに参加すれば自分たちが建てる家を具体的にイメージしやすくなります。
ご自分の家族構成に近い施主の住宅見学会に参加して、どうしてこの間取りや設備を取り入れたか、積極的に質問すると良いでしょう。
例えば、小さいお子さんがいるご家庭でしたら育児しやすい間取りとは何か。
共働きのご家庭でしたら、短時間で家事を済ませられる設備は何かなどです。
きっと良いヒントが得られると思います。

住宅見学会に関する情報サイト
住宅見学会のマナー

このサイトではマイホームの新築を検討している方たちが、住宅見学会に参加する上で必要となるマナーや知識について幅広くご紹介しています。せっかくの見学会のチャンスを最大限に活用するために、当日チェックしておきたい設備のポイントや見学会の種類ごとの違い、特徴についても詳しく解説しているので、初めて見学会に参加するという人でも安心です。見学会に参加する前に知っておくと役に立つ情報ばかりですので、是非参考にしてください。

Search